美しき風俗嬢たち

風俗での試練も楽しいかも

試練…と言うと大げさですけど、風俗では時に自分の予期せぬ展開が待っていたりするじゃないですか。それもそれで楽しみたいなって思っています。特に多いのが、自分が想定している時間よりも早く発射してしまうというもの(笑)まぁそれはありがたいものではあるんですけど、結構早い発射になると、そのまままったりしているのが勿体ないなって気持ちになったり、少し回復して自分の頭の中に「もう一発」という言葉がよぎるようになるので、それで楽しもうかなとか、自分なりにいろいろなことが浮かんでくるんです。もう一発楽しもうって思っても、やっぱり二回戦目だとどうしてもイキにくいじゃないですか。感覚的にも体力的にも一発目とは違いますしね。それでも風俗嬢とのハーモニーによって発射を目指すのが楽しいんですよね。ときには時間ギリギリまで発射する気配がなくて本気で焦ってしまうケースもあるんですけど、それもまた、楽しみの一つかなと(笑)

男冥利もまた、考えます

風俗はまさに男冥利そのものだと思うんですよ。だって女の子は楽しめないじゃないですか。男だからこそ楽しめるジャンルだと思うので、風俗に関連するすべてのことに感謝するとともに、男で良かったと思うことも珍しくないんですけど、何が一番男冥利に尽きるのかこそ、自分が風俗嬢を選ぶ際の一つの基準なんです。人としてではなく、男として何が一番楽しいのか。そこまで意識するようになりましたし、それらを意識することによって、どういったことが出来るのかを考えられるようになってきているのかなって思うんですよ。特に思うのは、可愛い女の子。単的に言えば、女の子からはあまり好かれなさそうなタイプの風俗嬢は、逆に言えば男からは好かれるタイプの風俗嬢なんです。男に媚びたりとかって、普通に考えるとあまり良くはないのかもしれないんですけど、風俗嬢として考えたら大正解ですしね。だから風俗で女の子を選ぶ時は、「男冥利に尽きる子」にしています。