美しき風俗嬢たち

結構いけますね(笑)

風俗でもまだまだ大丈夫。そう確信しました。それは自分が定年を間近に控えている男として考えてもらうと、結構頑張っているなって思われるんじゃないですかね(苦笑)自分も若いころから風俗で遊んでいますし、風俗のためにいろいろなことも覚えました。だからこの世代では結構貴重というか、スマートフォンとかも使いこなせて入るんです。でもそれはスマートフォンという新しいデバイスを使いこなしたいっていう欲求じゃなくて、ただ単に風俗で遊びたくて、そのためにはいつでもどこからでもポータルサイトやホームページをチェックできるってことで覚えたんですよ(笑)ガラケーだとしっかりと表示されないので難しいことでもスマートフォンなら表示されますしね。それに男は年齢と共に性欲が落ちていくって思っていましたけど、そうでもないってことも分かりました。風俗で抜いている時が男としては一番幸せかもしれないので、定年を迎えても通おうか迷っています(笑)

見たこともないプレイが待っていた

先日の話になりますが、初めて性感マッサージなる風俗のお世話になってきたんです。そこまで変わるものではなく、ちょっとした違い程度なんだろうって思っていました。風俗の目的は発散すること。その方法論が微妙に違うだけで、そこまで大きな違いがある訳じゃないだろうって思っていたんですけど、それは誤解でした。むしろ性感マッサージは他とは全然違うと言っても決して過言ではない風俗だったんですよね。そこに大きな驚きが隠されていたんですよ。まず、性感マッサージは基本的にこちらが攻めることはありません。女の子がずっと攻めてくれているんです。そこに驚かされました。他のどの風俗でもある程度はこちらが攻めたりするものです。攻守交代を繰り返しつつ、最後は男の絶頂で終了するのがどの風俗にも共通したものだと思っていましたけど、そうじゃなかったんですよ。最初から最後までずっとこちらを攻めていたので、快感を思う存分味わうことが出来ました。